電気材料技術懇談会

トップページ プライバシーポリシー

  • 当会について
  • 入会について
  • 研究会・行事
  • 会誌・論文誌
  • リンク

MENU

  • 年度計画
  • 懇談会案内

会員の方はログインしてください

ログイン
ID
パスワード

研究会・行事

トップページ > 研究会・行事 > 懇談会案内

懇談会案内

掲載日:2018年12月17日
会員各位
関西電力(株)
第298回電気材料技術懇談会のご案内 <6月3日開催>
標記につきまして下記の通り開催いたしますので、万障お繰り合わせの上ご出席下さいますようお願い申し上げます。
1.日 時:平成27年6月3日(水) 14:00 ~ 17:00
2.場 所:中央電気倶楽部 317号室
(大阪市北区堂島浜2-1-25 tel:06 - 6345 - 6351)
3.参加費:無料
4.テーマ:「 絶縁 / 絶縁材料技術 」
5.ディスカッションリーダー:奈良工業高等専門学校 木村 健 先生
(1) [一般講演]放電光スペクトルの分光分析に基づいた乾燥空気中の放電電界強度評価
川野 涼子 氏 (三菱電機(株))
[セールスポイント]
放電光スペクトルを分光分析することで、放電空間内の電界を直接評価する手法の研究を進めております。今回、当社のガス絶縁スイッチギヤの絶縁媒体としても使用されている乾燥空気に対して本手法を適用し、絶縁破壊の前駆現象である1次、2次ストリーマ放電の電界を評価した結果を紹介させていただきます。
(2) [一般講演]希ガス中の沿面放電の伸展過程
岡田 翔 氏 (兵庫県立大学)
[セールスポイント]
希ガスであるNe,Xeおよび混合ガス中の沿面放電における進展過程の観測から放電の進展速度等の評価を行った結果について報告する。
(3) [一般講演]分子軌道から見た誘電・絶縁材料
関口 洋逸 氏 (住友電工(株))
[セールスポイント]
近年、直流で使用される機器類の増加とともに、直流電圧印加時の代表的な誘電特性である空間電荷蓄積挙動について議論されることが増えているが、材料によって電荷蓄積の挙動が異なる理由については明快な説明が行われていないことが多い。ここでは、誘電・絶縁材料の電子構造からこの問題について考える。
(4) [依頼講演]絶縁劣化計測技術の変遷と今後の動向
海老沼 康光 氏 (湘南工科大学)
[セールスポイント] 電力機器の故障を未然に防止するため、絶縁劣化計測が行われている。その計測法は、劣化現象の解明とともに研究開発されている。そこで、計測技術の歴史的変遷を調査研究し、今後の方向性を考察する。
関西電力株式会社
このページの上部へ
当会について 入会について 研究会・行事 会誌・論文誌 リンク
Copyright © 2008 電気材料技術懇談会 記事の無断転用を禁じます