電気材料技術懇談会

トップページ プライバシーポリシー

  • 当会について
  • 入会について
  • 研究会・行事
  • 会誌・論文誌
  • リンク

MENU

  • 年度計画
  • 懇談会案内

会員の方はログインしてください

ログイン
ID
パスワード

研究会・行事

トップページ > 研究会・行事 > 懇談会案内

懇談会案内

掲載日:2018年12月17日
会員各位
三菱電機(株)
第304回電気材料技術懇談会『施設見学会』および『若手研究発表会』のご案内
標記の件につきましては、施設見学会と若手研究発表会を兼ねまして、三菱電機㈱様のご協力の下、三菱電機㈱伊丹製作所および菱電商事保健センターにて行うこととなりました。詳細を下記に記載いたしますので、万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようお願い申し上げます。
1. 日 時:平成28年 7月14日(木)10:00~19:00
      10:00~12:00  施設見学
      (徒歩移動、昼休憩は各自でお願いいたします)
      13:30~15:30  若手研究発表会ショートプレゼンテーション
      15:50~17:20  同ポスター発表
      17:40~19:00  懇親会        (時間は若干の変更の可能性あり)
2. 場 所:施設見学: 三菱電機㈱系統変電システム製作所
       若手発表会: 菱高商事 保健センター

3. 参加費:無料

4. 若手研究発表会ディスカッションリーダー
       :大阪府立大学大学院工学研究科 内藤 裕義 先生
        株式会社ダイヘン 綾部 浩一 氏
 (1) 避雷素子内蔵側路用柱上気中開閉器の開発
   津田 直孝(つだ なおたか) 氏(株式会社ダイヘン)
[セールスポイント]配電線路の電圧補償に用いるSVRと組合せて使用する側路開閉器について、分散電源の連系拡大が進む新興住宅地にも設置可能な小形化と長寿命化・大容量化・取扱性向上を両立した機器を開発したので報告する。

 (2) 超電導限流器の回復特性
    本田 元気(ほんだ げんき) 氏(住友電気工業株式会社)
[セール スポイント]超電導限流器は事故電流通過初期に高抵抗に転移して電流を抑制する。遮断器開放後、無電圧時間を経て再閉路するが、その前に限流器は超電導に回復している必要がある。その回復特性について基礎的な検討を行ったので報告する。

  (3) SiN/AlGaN界面の電子構造とゲートリーク電流の関係
    倉橋 健一郎(くらはし けんいちろう) 氏(三菱電機株式会社)
[セールスポイント]AlGaN/GaN高電子移動度トランジスタは、高出力高周波素子として実用化が進んでいる。今回、ゲートリーク電流が保護膜に依存する点に着目し、電子構造の観点で、そのメカニズムの理解を試みた例を紹介する。

  (4) カーボンナノチューブシート電極を用いた半透明有機太陽電池
    塚 昌樹(つか まさき) 氏(近畿大学)
[セール スポイント]下部電極にITO、上部電極にカーボンナノチューブシートを用いた半透明有機薄膜太陽電池について報告する。光照射方向や有機層の膜厚によって動作特性が異なること、およびその要因について議論する。

  (5) 培養筋肉細胞を用いた毒性評価に関する研究
    山木 湧登(やまき ゆうと) 氏(大阪工業大学)
[セールスポイント]培養筋肉細胞の電界誘起収縮運動の定量評価によって植物由来の神経毒グラヤノトキシン誘導体の種類と濃度を計測する研究を行っている。

  (6) 熱活性化遅延蛍光材料の励起状態構造について
    丹羽 顕嗣(にわ あきつぐ) 氏(大阪府立大学)
[セールスポイント]高効率発光材料として注目される熱活性化遅延蛍光(TADF)材料の光学特性を調べるため励起状態構造を明らかにした。その結果、高次の三重項励起状態がTADF薄膜の緩和過程に大きく寄与することが分かった。

  (7) ガラス上の針―平板マイクロギャップのパルス絶縁破壊特性
    谷 直樹(たに なおき) 氏(兵庫県立大学)
[セール スポイント]ガラス誘電体上に配置された針―平板電極によるマイクロメーターサイズのギャップにおけるパルス電圧印加時の絶縁破壊特性について報告する。

  (8) 二周波駆動液晶中における分子配向性マイクロ粒子の電界応答特性
    今村 弘毅(いまむら こうき) 氏(大阪大学)
[セールスポイント]分子配向性マイクロ粒子は、内部の液晶分子配列に起因した異方性を発現する機能性粒子である。本研究では、粒子を液晶中に導入することにより、電界による配列制御に成功した。さらに、機構を理論的に明らかにした。

  (9) SiC p-nダイオードにおける順方向リーク電流に関する考察
    浅田 聡志(あさだ さとし) 氏(京都大学)
[セールスポイント]SiC p-nダイオードでは、順方向特性において、拡散・再結合電流の他に低電圧領域で異常電流が流れることが知られている。本研究では、この電流の起源を実験とシミュレーションにより明らかにした。

  (10) 小型電極アレイを用いたEIT計測
    織田 隆彰(おだ たかあき) 氏(大阪工業大学)
[セールスポイント]心臓の拍動に伴う体表面電位は、胸部インピーダンスの影響を受ける。そのため心電診断の精度向上にはインピーダンス測定が重要となる。本研究は、心電計測用電極を胸部インピーダンス分布計測に利用する。

  (11) 液晶性有機半導体の混和性とキャリア移動度評価
     仲川 大(なかがわ だい) 氏(大阪大学)
[セールスポイント]類似分子骨格を有する液晶性有機半導体同士の混合状態について、熱物性評価を行うことで相図と混和性を明らかにすると共に、両極性を示すキャリア移動度と分子パッキング構造との相関性について検討した。

  (12) 電圧位相差を用いた配電系統の電力測定法の検討
    Nik Kechik Nujahdah(ニック ケチック ムジャヒダー) 氏(兵庫県立大学)
[セールスポイント]従来一般的に行われている電圧・電流による電力測定と異なり、電圧位相差を用いた電力測定手法の検討について報告する。

  (13) 磁場印加による麹菌への影響に関する研究
    海本 賢都(うみもと けんと) 氏(大阪工業大学)
[セールスポイント]ニホンコウジカビに磁場を印加することによって、発酵を制御するための基礎実験を行っている。交流磁場の波形や周波数による変化の違いを調べている。

  (14) 複合型半導体光電極による高効率な水素生成に向けた研究
    都築 圭太(つづき けいた) 氏(奈良工業高等専門学校)
[セールスポイント]本研究ではエネルギー問題の解決に向け、複合型半導体光電極を用い低電位での効率的な水素生成を目指している。実験では光電極の形状を検討し、禁制帯幅が異なる材料の積層化による水分解性能の向上を実現している。

  (15) インピーダンス分光による逆構造有機発光ダイオードの輸送特性評価
    高田 誠(たかだ まこと) 氏(大阪府立大学)
[セールスポイント]インピーダンス分光測定により、大気安定性を有する逆構造有機発光ダイオードの電子、正孔移動度の同時評価を行う。さらに、これまで実験的評価が困難であったキャリアの再結合定数を決定する。

  (16) 強誘電性液晶シャッターを用いた周期的回転運動体の観察装置の作製
    保富 立樹(やすとみ りつき) 氏(近畿大学)
[セールスポイント]回転する運動体の周期に自動同期して強誘電性液晶シャッターを開閉する電子回路を、入手性の良い一般的な電子部品を使用して作製した。液晶シャッターを通して運動体を観察すると、運動が停止して知覚される。

  (17) ポリアニリン陰極を用いたキャパシタ性能に関する研究
    川浪 慎太郎(かわなみ しんたろう) 氏(大阪工業大学)
[セールスポイント]ポリアニリンは、電子親和力が小さく強いドナー性を示すため、一般に蓄電池の陽極材料として検討されてきた。本研究はポリアニリンを陰極材料に用い、その電極界面を利用した電気二重層キャパシタについて検討した。

  (18) 混合ドナー材料を用いたバルクヘテロ接合型有機薄膜太陽電池
    藤田 健斗(ふじた けんと) 氏(大阪大学)
[セールスポイント]バルクヘテロ接合型有機薄膜太陽電池における活性層のドナー性材料として、液晶性有機半導体の混合物を用い、光電変換効率の改善を行うと共に、光電変換メカニズムについて検討した。

  (19) イオン液体中におけるリチウム金属の電解析出に関する研究
    紙野 峰亮(かみの みねあき) 氏(大阪工業大学)
[セールスポイント]コバルト酸リチウムに含まれるリチウムイオンを電解する事により陰極上に活性な金属リチウムを析出させることが出来る。本研究ではイオン液体中における金属リチウムの電解析出及ぼす水分子の影響について報告する。

  (20) 貧溶媒添加晶析法によるポリフッ化ビニリデン多孔薄膜の結晶多形制御
    岡西 陽平(おかにし ようへい) 氏(大阪市立大学)
[セールスポイント]ポリフッ化ビニリデン(PVDF)は結晶多形が存在し、誘電物性は多形により異なる。温度制御が容易な貧溶媒添加晶析法に着目し、溶媒種およびプロセス条件によるPVDF結晶多形の制御について検討した。

  (21) 化学増幅ポジ型レジストにおけるヒドロキノン誘導体の添加効果
    高森 司真(たかもり かずま) 氏(大阪市立大学)
[セールスポイント]本研究では、化学増幅ポジ型レジストにおける更なるレジスト性能の向上を目的に、ポリ(p-ビニルフェノール)をエトキシエチル基で保護したポリマーにヒドロキノン誘導体を添加したレジストの特性を評価した。
事務局:  電気材料技術懇談会 事務局
E-mail : denzaikon@opal.eei.eng.osaka-u.ac.jp
このページの上部へ
当会について 入会について 研究会・行事 会誌・論文誌 リンク
Copyright © 2008 電気材料技術懇談会 記事の無断転用を禁じます