電気材料技術懇談会

トップページ プライバシーポリシー

  • 当会について
  • 入会について
  • 研究会・行事
  • 会誌・論文誌
  • リンク

MENU

  • 年度計画
  • 懇談会案内

会員の方はログインしてください

ログイン
ID
パスワード

研究会・行事

トップページ > 研究会・行事 > 懇談会案内

懇談会案内

掲載日:2018年12月17日
会員各位
(株)かんでんエンジニアリング
第305回電気材料技術懇談会のご案内 <10月14日開催>
標記につきまして下記の通り開催いたしますので、万障お繰り合わせの上ご出席下さいますようお願い申し上げます。
1.日時:平成28年10月14日(金) 14:00 ~ 17:00
2.場所:堂島リバーフォーラム RF201号会議室 
 (大阪市福島区福島1-1-17 Tel:06-6341-0115)
http://www.dojimariver.com/access/
(年度始めの計画から変更しておりますのでご注意願います)
3.参加費:無料
4.テーマ:「 計測 / 設備診断技術 / IT技術 」
5.ディスカッションリーダー:兵庫県立大学 小野田 光宣 先生
6.講演題目および講演者
(1) モバイル型可視光通信システムの開発について
前田 達夫 氏 (関西電力(株))
[セールスポイント]
無線の使用が制約される場所で、PCなどモバイル端末のLAN接続を実現するため、照明器具からの可視光でデータを送受信する装置を開発し小型化等を進めて実用レベルのシステムとなったので紹介する。

(2) レーザーラマン分光法を用いた変圧器の異常診断手法の開発
染川 智弘 氏 ((公財)レーザー技術総合研究所)
[セールスポイント]
変圧器内部の加熱・放電等の異常を簡易に診断可能なレーザーラマン分光技術を紹介する。また、変圧器からの絶縁油の漏油を早期に識別する手法も紹介する。

(3) 光ファイバ複合架空地線の経年劣化評価
山下 育男 氏 (関西電力(株))
[セールスポイント]
光ファイバ複合架空地線(OPGW)の高経年化への対応として、加速試験を通して腐食の進み方を把握するとともに、撤去品調査をもとに当社管内のOPGWの腐食状況を評価し、寿命推定を試みているので紹介する。

(4) 油中フルフラール新規定量方法の開発および実用化へ向けた検討
上野 倫幸 氏 ((株)かんでんエンジニアリング)
[セールスポイント]
鉱物油だけでなく植物油系絶縁油にそのまま適用でき、また簡便でかつ人的誤差が生じにくい定量方法としてガスクロマトグラフ質量分析計を用いた固相マイクロ抽出法の開発を行ったので報告する。
(株)かんでんエンジニアリング
このページの上部へ
当会について 入会について 研究会・行事 会誌・論文誌 リンク
Copyright © 2008 電気材料技術懇談会 記事の無断転用を禁じます