電気材料技術懇談会

トップページ プライバシーポリシー

  • 当会について
  • 入会について
  • 研究会・行事
  • 会誌・論文誌
  • リンク

MENU

  • 年度計画
  • 懇談会案内

会員の方はログインしてください

ログイン
ID
パスワード

研究会・行事

トップページ > 研究会・行事 > 懇談会案内

懇談会案内

掲載日:2018年12月17日
会員各位
(株)かんでんエンジニアリング
第316回電気材料技術懇談会のご案内 <9月26日開催>
標記につきまして下記の通り開催いたしますので、万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようお願い申し上げます。
1.日 時:平成30年9月26日(水) 14:00~17:00
2.場 所:堂島リバーフォーラム RF201会議室
(大阪市福島区福島1-1-17 TEL:06-6341-0115)
http://www.dojimariver.com/access/
3.参加費:無料
4.テーマ:「計測・診断/電気設備/IT技術」
5.ディスカッションリーダー:兵庫県立大学 教授 小野田 光宜 先生
6.講演題目および講演者
(1) 雷サージ防護の重要性と酸化亜鉛バリスタ素子のサージ耐量特性
塚本 直之 氏 (音羽電機工業株式会社)
[セールスポイント]
ICT社会において重要で欠かせないサージ対策とサージ発生源の雷放電メカニズムについて紹介する。また、キーデバイスである酸化亜鉛素子のサージ耐量特性について、インパルス試験及びFDTD解析の両面から報告する。

(2) サイリスタ式自動電圧調整器の大容量高機能化について
尾本 勇太 氏 (愛知電機株式会社)
[セールスポイント]
配電系統の電圧調整に対して、高速応答性および、多頻度切換性に優れ、大容量のサイリスタ式自動電圧調整器を開発した。三相電圧不平衡の改善を目的に三相電圧平衡調整機能および、太陽光発電の連系に伴う配電系統の逆潮流に対応した逆潮流対応機能を搭載している。

(3) 模擬系統における分散電源対応型SVRの変電所方向判定精度の検証
久富 和郎 氏 (株式会社ダイヘン)
[セールスポイント]
分散電源対応型SVRで採用されている電圧変化量による変電所方向判定方式は、その原理上、電圧変動の大きな系統やSVCの連系した系統などに設置した場合、誤判定の発生が懸念される。模擬系統においてこれらの条件下における判定精度を検証したのでその結果を報告する。

(4) 275kV変圧器用ポリマーガスブッシングの開発
辻 和宏 氏 (日本ガイシ株式会社)
[セールスポイント]
国内では巨大地震が散発する状況にあり、比較的被害率が高かった変圧器用ブッシングの耐震性の向上が求められている。ポリマーがい管を用いたブッシングは耐震性などに優れ、その適用が拡大されつつある。今回、275kV変圧器用ポリマーガスブッシングを開発しているので、設計コンセプト、構造、検証等、現況を紹介する。
 
このページの上部へ
当会について 入会について 研究会・行事 会誌・論文誌 リンク
Copyright © 2008 電気材料技術懇談会 記事の無断転用を禁じます