電気材料技術懇談会

トップページ コンプライアンスおよびプライバシーポリシー

  • 当会について
  • 入会について
  • 研究会・行事
  • 会誌・論文誌
  • リンク

MENU

  • 年度計画
  • 懇談会案内

会員の方はログインしてください

ログイン
ID
パスワード

研究会・行事

トップページ > 研究会・行事 > 懇談会案内

懇談会案内

掲載日:2021年 9月27日
会員各位
関西電力(株)
第329回電気材料技術懇談会のご案内<5月26日オンライン開催>
標記につきまして下記の通りオンラインにて開催いたしますので、万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようお願い申し上げます。
1.日 時:2021年5月26日(水) 14:00~16:50
2.開催方法:オンライン(ZOOM)
3.参加費:無料
4.テーマ:「絶縁 / 絶縁材料技術/ 材料全般」
5.ディスカッションリーダー:
地方独⽴行政法人大阪産業技術研究所岩田 晋弥(いわたしんや)氏
(1)[依頼講演]ミリメータ/マイクロメータギャップ沿面放電現象とその特性
上野 秀樹(うえのひでき)先生(兵庫県立大学)
[セールスポイント]
電力機器,電気電子機器やデバイスの小型化,高電圧駆動による高電界化が進んでおり,そこでは沿面放電の抑制や制御が必要となる。本発表では,ミリメータスケールからマイクロメータスケールの短ギャップ沿面放電現象とその特性について報告する。
(2)[一般講演] 低圧遮断器に使用される消弧用絶縁樹脂材料の絶縁性能向上開発
細越 文彦(ほそこしふみひこ)氏(三菱電機株式会社)
[セールスポイント]
遮断器に用いられる消弧材料について、アーク暴露による絶縁性能低下を抑制するための樹脂組成を検討した。本発表では、熱硬化樹脂に含まれる酸素原子量との関連性等について報告する。
(3)[一般講演] エポキシモールド機器向け活線部分放電診断手法の開発
牟田神東達也(むたかみひがしたつや)氏(株式会社かんでんエンジニアリング)
[セールスポイント]
経年等でエポキシモールド機器に欠陥が生じると,そこで部分放電が発生し,絶縁破壊事故に至るケースが散見されている。そこで電磁波測定によって,エポキシモールド機器の部分放電を非接触・無停電で診断できる手法を開発したので紹介する。
 
このページの上部へ
当会について 入会について 研究会・行事 会誌・論文誌 リンク
Copyright © 2008 電気材料技術懇談会 記事の無断転用を禁じます