電気材料技術懇談会

トップページ コンプライアンスおよびプライバシーポリシー

  • 当会について
  • 入会について
  • 研究会・行事
  • 会誌・論文誌
  • リンク

MENU

  • 年度計画
  • 懇談会案内

会員の方はログインしてください

ログイン
ID
パスワード

研究会・行事

トップページ > 研究会・行事 > 懇談会案内

懇談会案内

掲載日:2022年 6月28日
会員各位
住友電気工業(株)
第334回電気材料技術懇談会のご案内<6月13日ハイブリッド開催>
  標記につきまして下記の通り開催いたしますので、万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようお願い申し上げます。
1.日 時 :2022年6月13日(月) 14:00~17:00
2.場 所 :グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワー
(〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1)
3.開催方法:会場開催+Web配信(Zoom)
4.参加費 :無料
5.テーマ :「 絶縁 / 絶縁材料技術 / 材料全般 」
6.ディスカッションリーダー:
大阪産業技術研究所 岩田 晋弥 (いわた しんや)様
7.講演題目および講演者
(1)[一般講演]電気電子・絶縁材料分野における量子化学計算の適用状況(調査専門委員会活動の紹介)
住友電気工業株式会社 関口 洋逸(せきぐち よういつ)氏
[概要及びセールスポイント]
電気学会誘電・絶縁材料技術委員会では、2018年12月から2021年11月の三年間にわたり、「電気電子・絶縁材料分野における量子化学計算の適用検討調査専門委員会」を立ち上げ、量子化学計算の基礎から誘電・絶縁材料分野における適用状況、さらには機器ごとに見た応用の現状について調査を実施した。委員会の活動状況および活動により得られた情報について紹介する。
(2)[依頼講演] 量子化学計算を用いた誘電絶縁材料における高電界現象のモデル化と機械学習を援用した材料設計
東京大学 佐藤 正寛(さとう まさひろ)先生
[概要及びセールスポイント]
本講演では21世紀初頭では考えられなかった、計算科学(量子化学計算など)やデータ科学(深層学習など)を用いた誘電絶縁材料物性解析、同材料創成に関する最新の研究事例をご紹介いたします。
(3)[一般講演]エネルギー解放率に基づく電気絶縁材料劣化現象の駆動力推定
大阪産業技術研究所 木谷 亮太(きたに りょうた)氏
[概要及びセールスポイント]
電気機器安全性のため、絶縁材料劣化の一種である電気トリーの研究が今なお続いている。本研究では、連続体力学で用いるき裂解析パラメータ「エネルギー解放率」を援用し、電気トリーの駆動力について考察したので報告する。
(4)[一般講演]低抵抗コロナ防止テープの放電劣化に関する基礎検討
三菱電機株式会社 安田 拓実(やすだ たくみ)氏
[概要及びセールスポイント]
高電圧回転機用コロナ防止テープの劣化メカニズムについて調査した。ボイド内部の部分放電で生成したオゾン(O3)によりコロナ防止テープが経時的に劣化することを確認、実機で生じる劣化現象を再現することに成功した。
電気材料技術懇談会 事務局
E-mail:denzaikon@opal.eei.eng.osaka-u.ac.jp
このページの上部へ
当会について 入会について 研究会・行事 会誌・論文誌 リンク
Copyright © 2008 電気材料技術懇談会 記事の無断転用を禁じます